春夏秋冬・・鍼灸師 
サラリーマン人生をプチリタイアし鍼灸師を志したおやじの日々を綴ります
プロフィール

京都市生まれ 25年間のサラリーマン人生を経て、2015年鍼灸師を目指して専門学校通学中。 将棋、筋トレ、野球観戦、株などやりたいことを自由に楽しむ日々。

一針法師

Author:一針法師



最新記事



カテゴリ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



My Favarite You Tube



★☆★Blog Link★☆★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



検索フォーム



らんきんぐ



第75期名人戦七番勝負第4局
挑戦者稲葉八段の2-1で迎えた名人戦第4局。
これを落とすとカド番に追い込まれる佐藤名人でしたが、さすがの差し回しで星を五分に戻しました。

後手一手損角換わりの出だしから右玉の佐藤名人に対し穴熊に組み替える稲葉さん。
力将棋の中盤で巧みに佐藤名人がポイントを挙げたように見えました。
ただ稲葉さんも反撃に転じ見ごたえのある将棋になりました。
最後は佐藤名人が冷静にリードを保ったまま逃げ切ったように思います。

これで2-2のタイスコア。
勝負の行方は残り3番勝負に委ねられることとなりました。
個人的には佐藤さんノリですが、全くどちらが勝ってもおかしくない死闘になりそうです。

20170517第75期名人戦七番勝負第4局
△7三同玉まで 142手にて後手の勝ち


鼻うがいの効果?
鼻うがいを知ったのが約2年前。
毎年の花粉症と副鼻腔炎に嫌というほど悩まされた私。
何とかあの辛さから逃れるすべはないかと騙されたつもりで「鼻うがい」を始めました。
それから早いもので2年がたちます。

以前は毎年2-4月は花粉症に悩まされ、年に1回か2回は副鼻腔炎で耳鼻科に通うのが当たり前になっていました。
それが鼻うがいを始めてからの2年間、耳鼻科通院はゼロ。
今年の花粉症も若干鼻水が出る程度で、ほとんど気になりませんでした。

これがすべて鼻うがいの効果なのか?
たまたま2年間副鼻腔炎が発症しなかっただけなのかもしれません。
えらそうなことを言っているうちにまた罹るかもしれません。
自信をもって言うにはまだ2年ではデータが少ないのは確か。

この状態が5年くらい続けば自信をもって鼻うがいの効果はあると断言できそうです。
それを検証するためにこれからも毎日鼻うがいを継続していきたいと思います。
人に勧めてもあまり興味をもってもらえないんですが、実際気持ちがいい、、鼻うがい。
試してみる価値はあると思うんですが。



それって柔軟性?
「私は柔軟性がある方で、人から指摘されたり話を聞いていいと思ったことはすぐさま実践する。」
という人がたまにいます。
そういう話を聞くと私は、それって柔軟性?と思ってしまいます。

人から指摘され、自分の頭で考えて、いいと思ったことを実践する。
いたって普通でそれが柔軟性と言われると、?となってしまいます。
確かに人から指摘を受けても試そうともせず、頑なに自分のやり方を変えない人もいます。
ただそれは単なる偏屈、石頭であってそんな人と比較しても始まらない。

私が考える柔軟性とは、
「人から指摘され、納得できなかったとしても、一度は試してみる。」
「長年やってきた自分のやり方を一旦捨て、全く違う方法を試してみる。」
といった姿勢のことを指す。

もちろん順風満帆、何事もうまくいっている人があえてそのスタイルを変える必要はない。
問題はうまくいってなかったり、うまくいっている人と差を感じている人で変えない人。
自分の信念を貫く頑固さも必要ですが、ちょっとは自分を疑うことも必要です。

仮に今順調でうまくいっていたとしても、常に改善の余地があるという姿勢で受け入れる懐の深さを持っておく。
これからもそういった気持ちを失わないよう気を付けたいと思っています。


バイトの利点
ちょこちょこ気分転換をかねてアルバイトをやってますが、お金を稼ぐだけでない利点に気付くこともしばしば。
というわけでバイトの利点について気付いたことをいくつかまとめておきたい。

1)お金のありがたみを感じる
サラリーマン時代は1時間いくら稼いだという感覚はほとんどなかったですが、当然バイトは動いた時間分だけしかお金は入らない。
体を使って稼いだ1時間の代金が1000円にも満たないと考えると、1000円のお金の価値を再認識させられます。
たまにいますが、バイトの後パチンコに行く人。
私には考えられない。。1000円が10分もしないうちに消えていくことなど・・・

2)いろんな人と交流できる
バイトで働いている人は若い人から年配者までいろんな経歴を持っていて面白い。
自分とは全く縁のない世界で生きてきた人と交流できることは楽しいし勉強になる。
特にサラリーマン時代から人付き合いが減るリタイア組にとっては人との交流機会は貴重だと思います。

3)体と頭脳を使う
バイトにもよりますが私がよくやるのは体を使う系のバイト。
この間はポスティングをやりましたが、500部のポスティングをするのに約1時間半歩き回りました。
結構な運動量。
それに加えてどういう順番で配れば効率的かを一応考えるので脳トレにもなっている気がします。
トレーニングジムに行くと思えば、ウォーキングついでにポスティングってのも面白いと思います。

あと、バイトの利点としては気楽な事。
人に気を使ったり、責任を問われるようなものは不可。
怒られるかもしれませんが、あくまで気分転換程度にやるのがポイントかと思います。


首位攻防の甲子園
5/5 阪神8-5広島

セ・リーグ首位攻防となったGWの甲子園。
メッセンジャーがエルドレッドに2本のホームランを浴び4点のリードを許す苦しい展開。
去年の阪神なら反撃するも、さらなる反撃を浴び8-3くらいで負けている試合。

今年ここまで好調な理由は打線のしぶとさとリリーフの厚み。
打線は打ってつなぐだけでなくファウルで粘ったり、ボール球をきっちりと見極めているように見える。
またリリーフは岩崎、桑原が安定してきたことが大きく、他の投手の負担を減らし相乗的に良い影響を与えているように思える。
確実にこの2点に関しては去年よりアップしていると言えるでしょう。

内野守備やバントミスなど細かいプレーにまだまだ不安定要素はありますが、それでも貯金6でここまでの戦いは十分。
それだけに痛いのが、上本の負傷退場。
打線のつながりを生んできた陰の立役者だっただけに予後が大変心配です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ